いで 内科・呼吸器内科
クリニック
いで 内科・呼吸器内科
クリニック

浜松市浜北区本沢合801-4

当院では、 患者さんと医師が「同じ目の高さ」で話し合いながら治療をすすめます
当院は 予 約 優 先 です

自動電話: 050-5305-1072
WEB予約(左下バナーより)

開院10周年となりました。

当院は平成23年11月に開院し、おかげさまで無事10周年を迎えることができました。まだまだ至らない点も多々ありますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
開院10周年のご挨拶

感染の再流行に注意しましょう。

現在の日本全体の感染は鎮静化しています。しかし、ワクチンが普及したイギリスやドイツでも1日数万人レベルの再流行があり、日本でも新たな感染の波が来る可能性が高いと思われます。現在、院内では新型コロナウイルスの検査は県外に行った方や、高熱のでた方のみにするなど検査態勢は若干緩和しています。しかし、気をゆるめすぎないように注意しましょう。
★ 当院は静岡県に登録した<発熱等診療医療機関>です。発熱等で検査・診察をご希望の方は、ウェブ予約から当日急患枠で予約をとって下さい。13時30分、18時など患者さんの少ない時間に、ご案内させて頂きます。

インフルエンザ予防接種ウェブ予診票のご利用について

●ワクチンのウェブ予約をされた方で、メールアドレス又はLINE登録をされた方には、 接種前日のご自身が<予約された時刻>にお知らせが配信されます。そちらにウェブ予診票入力先のURLの記載が あります。そちらから入力をお願いします。
●メールアドレス又はLINE登録をされてない方は登録をお願いします。
方法はウェブ予約に入り、下のその他メニュ―のメール・LINE設定から 登録ができます。
●上記を行わずに、公式LINE公式アカウントのメニューから直接予診票を入力する方法も可能ですが、氏名や診察券番号を再度入力して頂く必要があります。また、紙の問診票も利用可能ですので、下からダウンロードして印刷してご利用ください。

インフルエンザの流行予測とインフルエンザワクチン

●インフルエンザが今年流行するかどうかは、誰にもわかりません。
●新型コロナが収まって、政府が海外の人を積極的にいれるようになると、流行が始まるかもしれません。昨年流行がなかったので、免疫をもった人が少ないと一気に大流行する可能性も心配されています。
●結論としては、インフルエンザウイルスにより、重症化する可能性のある幼小児と、高齢者は通常どおり打った方が良いでしょう。
●当院のインフルエンザワクチン予防接種枠はすでにほぼ満杯です。でも、あせる必要はありません。インフルエンザウイルスには、新型コロナウイルスと違って「特効薬」がありますから、早く診断をすれば若い方や病気のない方は、インフルエンザで重症化することはまれです。
●途中でインフルエンザワクチンの供給不足になっても、12月末あるいは1月上旬には十分量が供給される見込みですので、あわてずに対処していきましょう。

休診・代診のお知らせ

● 11月27日(土)代診 穂積 宏尚 先生(浜松医大呼吸器内科)
● 12月4日(土)代診 穂積 宏尚 先生(浜松医大呼吸器内科)
★ 年末年始休暇: 12月29日~1月3日まで休診です。
(先月のHPで28日~と誤りがありました。)
★ 都合により今年末まで水曜日小児外来、小松先生の診察時間が17時30分までになります。

ご迷惑をおかけしますが、ご協力のほど宜しくお願い致します。

当院でのインフルエンザワクチン接種について

●予防接種枠はほぼ満杯ですが、時々キャンセルもでますのでご希望の方は、時々のぞいてみて下さい。
●定期通院のある方は、原則として診察時に接種します。お子さんはほぼ6歳以上で、「ひとりで打てる子」のみです。
★当院のインフルエンザワクチンにも、チメロサール(ごく微量の水銀を含んだ防腐剤)は含まれています。 
●今年から<ウェブ予診票>を導入しています。紙の予診票は持参不要となりますが、お子さんは母子手帳は忘れずにご持参下さい。
 ⇒ ウェブ予約の方 → ウェブ予診票 または ダウンロードした予診票を紙で印刷して、ご記入下さい。
 ⇒ ウェブ以外での予約(定期通院)の方
★65歳未満の方 → 上と同様に紙の予診票記載または、クリニックにある紙の予診票に記入。または、当院公式LINEアカウントからもウェブ予診票が利用できます。
<友だち追加>をしてください。
友だち追加
★65歳以上の方 → クリニックにて、専用の紙予診票(浜松市用または磐田市用)をもらって記載して下さい。
*****************************
◆接種料金などの詳細は、こちらからご覧ください。⇒「インフルエンザ予防接種2021」(PDF)

ブレス浜松を応援しよう!

ブレス浜松は女子バレーボールリーグV2に所属する女子チームです。浜北のグリーンアリーナを本拠地とする、まさに浜松市民球団です。11月からまた公式戦が始まります。みんなで応援にいきましょう!

院長のひとことコラム

「吐く息の<NO(エヌ・オー=一酸化窒素)>を調べると、ぜん息かどうかがわかります」
●気管支にアレルギーの炎症が起こると、NOの値が上昇します。成人では15以下は正常。40以上に上昇している場合、ぜん息である確率は90%以上といわれています。
●吸入薬などでぜん息が改善してくると、値が小さくなるなど治療の目やすにもなります。
●ただし、ぜん息でも全く上昇しない方もいますので、ぜん息かどうかは総合的に判断することになります。
●この検査は3割負担の方で、720円かかります。

illustration by kids.wanpug